ゴム機械・ゴム混練設備と配合システムのスペシャリスト、鈴鹿エンヂニヤリング

会社概要

Profile

社長メッセージ

凄い!を作る
独創性の高い創造的技術活動で、ユニークな製品を作り、社会に貢献したい。

私たちは、いつも世の中に役立つ新しいハードウエアとソフトウエアを作り続けることを使命として、存在価値を求めています。
当社は、環境保全設備の供給を手始めに創業し、ゴム練り工場の自動機械装置を開発製造に展開。内外の有力ゴム企業へ多数の生産ラインを納入してきました。それらの機械装置群は、自動車工業の発展にともない拡大した部品工業の品質の向上とコストダウンに大きく寄与できたと確信しています。

ハードウエア部門においては、今、これまでの技術蓄積を基に、本格的かつ本質的な廃棄物のリサイクル・終末処理・公害防止への展開に取り組んでいます。同時に、ゴム工業において「最新の高い生産性を発揮する産業用自動機械装置」、「品質向上機能のある機械装置」「安全性の高い機械装置」などの開発を進めております。

ソフトウエア部門においては、世界中の様々なメーカーの計量器と接続可能で、ISO9000、PRTR法に対応できる「配合管理システム」を発表し、「ゴム練り管理システム」と合わせて、生産ラインの【品質保証】【生産性向上】【安全確保】を促進するIT化商品を提供します。
これらのシステムは、「医薬品の製造ライン」にも実績があり、高い信頼性を備えています。

一方で、私たちは、グローバルな展開を進めてきました。
ゴム・プラスチック機械メーカーのFarrel 社(USA)へアメリカ地区の販売権供与、計量器・粉体空気輸送システムのChronos Richardson社(UK)から国内販売権の取得、臭素の専門メーカーとしては世界最大のGreat Lake Chemicals社(USA)と定量供給装置の開発技術提携、韓国大手計量器メーカーの金龍ヤマト製衡(株)へ製造権の供与、無錫ポンプ工場(中国)へ製造技術開示等の販売・製造・技術提携を進め、UKにはヨーロッパ事務所を設置して世界市場情報を集めています。
輸出においては、DuPont社(USA)を始めとし、大手企業へ直接輸出をしています。今後は、世界市場をターゲットとした商品開発を促進し、海外指向を積極化していきます。

私たちは、開発型企業として新技術を尊重しています。当社では多数の特許を保有・出願しており、今後も特許を重要な戦略課題として推進します。

  1. オリジナル製品の供給
  2. グローバルに展開できる商品の開発
  3. 間髪入れないアフターケア
  4. 顧客に利益をもたらす商品の提案
  5. 安全な商品の提供

をモットーに、私たちはこれからも一生懸命「新しい物作り」に挑戦し続けます。

代表取締役社長
矢田 龍生

概要

商号 鈴鹿エンヂニヤリング株式会社
本社所在地 〒510-0951 三重県四日市市小古曽東二丁目1番65号
電話 059-346-4774(代)
FAX 059-346-7237
E-mail info@suzuka.co.jp
代表取締役 矢田龍生
創設 昭和50年11月
資本金 5,000万円
工場敷地 10,800 m2
事務所 900 m2
工場 2,220 m2
取引銀行  百五銀行 日永支店
滋賀銀行 三重支店
三重銀行 本店営業部
愛知銀行 四日市支店
三菱UFJ銀行 四日市支店
営業品目 ゴム混練スマートファクトリーの設計・施工
ゴム加工専用機の設計・製作
物流機器の設計・製作
ゴム精練ラインと物流装置のシステムインテグレーション・ネットワーク化
生産実行システムの構築
工場向け環境機器およびシステムの設計・施工

アクセス

車で来社される場合

名古屋方面からは、四日市東ICか四日市IC(東名阪道) 大阪・奈良方面からは、亀山IC(名阪国道)の利用が便利です。


電車で来社される場合

新幹線ご利用の方は名古屋で下車。 近鉄名古屋―特急(30分)→近鉄四日市―急行・各停(約5分)→塩浜 大阪・奈良方面からは、 難波・大和八木―名古屋行近鉄特急(大阪~約1時間45分)→白子 白子―急行・各停(約10分)→塩浜 塩浜駅東口からタクシーをご利用下さい。近鉄ホームページへのリンク

案内図

top_r14_c17.jpg
〒510-0951 三重県四日市市小古曽東二丁目1番65号
TEL:059-346-4774(代) FAX:059-346-7237
top_r17_c16.jpg top_r17_c22.jpg
Copyright (C) 2015 Suzuka Engineering Co., Ltd.